トイレの水漏れ修理

トイレ 水漏れは、水漏れ原因が特定できてそこがすぐにわかる場所であれば、部品を交換することで簡単に直すことができる場合があります。また、修理業者側の都合もありますから、水漏れがしたからと言ってすぐに来てくれるとは限りません。ちょっとしたことで直すことが可能ならば経済的にも助かります。ここではそんな場合の修理の方法を見てみましょう。
水漏れが見つかったら、まずは止水栓を止めてしまいます。こうすればこれ以上の被害を防ぐことができます。止水栓はタンクの近くにありますので、探せばわかるでしょう。もしわからなければ水道栓そのものを止めてしまいます。そして、修理はそれ以後のこととなります。

■トイレタンク、連結部

水漏れで一番多いのがタンクが原因の場合です。タンクが壊れて水が出しっぱなしになっていれば水道代もかかりますし、アパートやマンションの場合は下の階への浸水も心配になります。
タンクからの水漏れは二つの場所が考えられます。それはタンクの外側と内側です。外側の場合はパイプや接続部分の劣化が原因ですので、連結部のナットの緩みを点検し、パッキンが劣化していないかを確認します。パッキンの劣化ならば、ホームセンターなどで買ってきたパッキンに替えれば修理完了です。もし、内部の場合はタンク内のゴムフロートや浮き玉、あるいは鎖部分を調べます。ゴムフロートや鎖部分がほかの部品に引っかかって正常に作動していないと、水が流れたままになってしまいますし、ゴムフロートが穴からずれている場合も問題が起こります。ゴムフロートが穴からずれているときは元に戻せば直りますし、もし壊れていたりうまくはまらない場合は交換すれば直ります。因みにゴムフロートや鎖もホームセンターで売っています。

■便器からの水漏れ

もし、便器の周辺から水漏れがしている場合は、結露によって流れている場合と、便器自体の破損が考えられます。結露ならば全体が湿っていますし、拭き取ればすぐには床を濡らすことはありません。しかし、拭いてもすぐに濡れてくる場合は便器自体にひびが入っているとか、壊れていることが考えられます。この場合は自力で直すことは不可能ですので、業者に相談しましょう。




■まとめ
修理は簡単にできるものとできないものがあります。もし目に見える形で壊れている箇所が特定でき、その部分を新しいものに変えることで直るのならば、自分で直すのも良いかもしれません。しかし、連結部分からの水漏れなどは、管が古い場合はなかなかねじが回らずに却って管を損傷してしまうこともあります。古い給排水管の場合は無理せずに専門業者に頼む方が賢明かもしれません。また、便器そのものの損傷も業者に頼みましょう。自分での修理は自己責任となりますので、もし難しそうな場合、あるいは水漏れ箇所が特定できない場合などは無理せずに業者にお願いするようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ