トイレの 水漏れ・ウォシュレットの場合

トイレにつけられたウォシュレットから、常に水が出ていて止まらなくなるというのも、よくあるトラブルのひとつです。これはまずウォシュレット自体が古くなって壊れている場合が考えられます。この場合は一旦取り外して部品を細かく調べ、緩んでいるような箇所は締め直すなどすれば直ることもありますが、そんな簡単な場合はまれですので、わからない時には早々に切り上げて専門業者にお願いするべきでしょう。なお破損部分を調べる時は、止水栓を止めて電源を切ってから取り掛かることが大切です。

■ノズル周りのトラブル

ノズルから水が出続けて止まらず、ボタンを押してもダメな場合がありますが、この時はウォシュレット自体の故障ではなく、リモコンの電池が切れているということがあります。ただ、リモコンは便座の脇に備え付けてあるタイプと、便座から離れた位置にある場合があります。そして、電池式は便座から離れた位置にリモコンがおかれている場合であり、便座の脇に操作ボタンがあるタイプは電池式ではなく、直接家のコンセントと繋がっていますので、電池が切れることはありません。ともあれ電池式であれば電池を交換することで直ることがあります。
また、ノズルの弁の故障もあります。ノズルの内部には水をコントロールする弁が入っており、故障により正常に動かなくなることがあるのです。もし電気系統の故障ならば危険ですので業者に頼みましょう。

■ウォシュレット本体部分

ウォシュレット 水漏れは、本体部分からも起こります。水はウォシュレット本体の中にある細いホースを通ってノズルから出てきますが、このホースが途中で切れていたりすると、ノズルまで届かずに中で水漏れすることになります。このような場合は素人が直すのは無理で、早めに専門業者に頼むべきです。また、ウォシュレット本体の水抜き栓から水が漏れることもあります。水抜き栓とはノズルの修理などで、本体内部に溜まっている水を一時的に抜く必要がある時に水抜きをする栓ですが、ここにあるパッキンが傷んでくると水漏れの原因になることがあります。

■まとめ
トイレは常に進化しており、今やウォシュレットは現代人にとって欠かせないものとなっています。しかし、その便利な製品も日頃の手入れを怠れば水漏れの原因となり、場合によっては大変な事故につながりかねません。ウォシュレットは電気製品であり、その仕組みも素人が簡単に手を出せるほどやさしいものではありません。もし水漏れの原因が浮き玉やゴムフロートの破損のように、目で見てすぐにわかるようなものなら自分で直してみるのもいいかもしれませんが、そうでない場合は、すぐに専門業者に頼む方がより効率的で安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ